ひなたの宝もの

蝉取りが大好きなお兄ちゃんのお供で、陣痛が来ているのに蝉取りに行っておられた入院中のお母さんから、おじいちゃんが手作りした昆虫たちにお兄ちゃんが大喜びの話を聞きました

ひなたに来られるお子さんたちにも喜んで欲しくて、「ひなたにも・・・」と厚かましくもお願いしたところ、見事な(この言葉しかみつかりません)今にも動き出しそうな昆虫たちを作って届けてくださいました
木を削り、竹の皮や小枝でできています(すべて自然素材)。
あんまりリアルで、草や木に置いて写真を撮ってみました
すると可愛い蝶々(たぶんムラサキシジミ)が飛んできて虫とのツーショットも・・・(写真撮れず残念
待ち合いに飾っていますので、ぜひご覧ください

ありがとう(1)  ありがとう、大切にします

蜜が欲しい・・・ リーンリーン こおろぎさん
 蜜が欲しい・・・   コロコロこおろぎさん

風に揺られて1 風に揺られて2
 風に揺られて①               風に揺られて

獲物はどこだ
獲物はどこだ

秋の支度をはじめました。

 朝夕 急に涼しくなって、秋の支度をしなくてはと気になっていました。ご入院中だった 100人目のお母さんも退院され、空が高い今日、布団干しのチャンス到来
部屋中の布団干しを敢行しました

              布団敷き布団 大6枚 中6枚 羽毛布団12枚布団

お隣のフェンスも貸していただき南側一杯に広げて干し、途中で裏返して パタパタ・・・いそげ

取り込んだお布団からお日様のいい匂いがしました。夏の寝具と入れかえて、これでご出産の方を安心してお迎えできます。 よかった!!



布団  布団2 布団3
アメニティさん ありがとう   ・・・・でも疲れました






100人目の赤ちゃんが生まれました!!

昨年5月にひなた助産院がオープンしたその日に第号の赤ちゃんが誕生し、それから1年4か月後の9月6日午前0時43分 ひなた助産院に人目の赤ちゃんが誕生しました
3370gの元気な女の子です。ママはパパとお姉ちゃんの応援を受けながらお産され、赤ちゃんのへその緒は上のお姉ちゃんが上手に切りました。赤ちゃんはとっても元気で、パパやお姉ちゃんたちに抱っこしてもらい、すぐにママのおっぱいを一生懸命吸いました
その夜、ご家族は赤ちゃんと一緒に川の字になって眠られ、お部屋の外まで幸せのオーラが溢れているようでした

        吉岡さん家族写真          吉岡ベビー
             ↑ひなたで100人目に誕生した赤ちゃんとご家族↑

“琉球芋茎(蒼ずいき)”の酢の物と水晶煮 絶品です!!

お隣の地主さんから琉球芋茎(蒼ずいき)をいただきました。里芋の赤いずいきは産後の古い血下ろしに効果があるといって、昔はよく煮物にして食べられていたそうですが、いただいた蒼ずいきは、芋は食べられず緑色の茎だけ食用だそうです。早速酢の物と水晶煮を作ってみました
これが絶品でした。酢の物のシャリシャリの食感と何ともきれいな翡翠(ひすい)色の水晶煮。エビとの相性も抜群で、夏と秋のメニューに加えることにしました。(いただけたときだけですが・・・)

琉球芋茎の酢の物 皮を剥き、薄く斜め切りして塩を振り、よく揉んでから水をかえて塩出し・アク出し後、しっかり搾る(しばらく手が痒くなる)。刻み大葉・いりゴマを加えて、甘酢で和える(甘酢は甘め、ちりめんじゃこを加えてもおいしい)

水晶煮 皮を剥き、ゆがいて水に取り2~3回搾り直してアクをとる。干し海老・薄口しょうゆ・塩・みりん・だし汁で煮て、彩りにエビを加え片栗粉でとろみをつける。

     琉球芋茎           酢の物と水晶煮

           ↑琉球芋茎               ↑琉球芋茎の酢の物(左)と水晶煮(右)

ドッとお産!満員でした

8月はひなたがオープンして初めて、12人の方のお産予約を受け、スタッフ一同、気合を入れて準備してまいりました。…が、8月のある日にはご入院の方がなんと5人思った以上に大忙しでした2階のお部屋で過ごしていただいたお母さんには、暑さやご不便など、ご迷惑をおかけしてすみませんでした助産師3、4人とキッチンさんもアメニティさんも連日奮闘面会の方もたくさんで、それはにぎやかな毎日でしたけれど、お母さんもご家族の皆さんも笑顔でご退院していただけてホッとしています

なんとそれから1週間、お産の方は勿論、問い合わせの電話も少なくて静かな日々です。お生まれになっても良い方が6人おられるのですが、お産になるのは次の満月前後でしょうか・・・
今のひなたの夜は鈴虫の澄んだ鳴き声が響きわたっています

9月以降は毎月8~10人の予約をいただいています。“ドッとお産満員でした”この経験を生かして、さらにご満足いただけるようにスタッフ一同力を合わせて頑張ります 

                       すずむし2
                ↑心地よい鳴き声でひなたを和ませてくれています

ミツバチのお宿

ある朝、駐車場の樹の3メートルくらいのところに、こげ茶色のミツバチの塊(20×30cm位)を見つけました子ども達が刺されては大変すぐに保健所に電話してきていただきました。係の人曰く、「悪さ せんかったら刺さへん2~3日で飛んでいくから」とのこと。で見守ることにしました
ミツバチの巣分かれです。2~3匹周りを飛んでいるだけで、中にいる女王蜂を働き蜂が団子に折り重なって守っています。全体にモゾモゾ動くだけで、静かで、酸欠にならないか心配なくらいです

3日目の朝、見事にいなくなっていました
ミツバチたちのお宿からの巣立ちが見られなくて残念・・・

自然のミツバチも養蜂のミツバチも原因不明ですが激減しているそうです。なんか自然がおかしいこの頃ですが、あのミツバチたち、新しい巣で子育てに励んで、いっぱい受粉して緑を増やしてネ
       ミツバチ                     ミツバチ巣立ち
↑ミツバチの塊すごい数です      ↑巣立った後。ミツバチがいた部分が白い点々に